ホーム » 耐震診断と改修 » 耐震改修の方法

耐震改修の方法

耐震診断を受け、耐震性が不十分と診断された場合は、改修工事をされることをお薦めします。
耐震改修工事は、耐震診断の結果に基づいて行われますので、その建物によって改修に係る施工方法は異なります。
主な耐震改修に関する工事には、次のような施工方法があります。

耐震診断を受けても耐震対策が不十分なままでは、大きな地震が発生した場合、被害を受けることもあります。「いざ」というときに備えて耐震改修工事をして、不安を取り除いておきましょう。

kaisyuho1

kaisyuho2

kaisyuho3

[どこに相談すればいいの?]

耐震診断と同様、お住いになっている市町村の建築行政を担当している部署にお問い合わせください。
また、市町村では工事費の一部を助成する事業を実施しています。(助成事業を実施していない市町村もあります。)

[悪質な点検商法にご注意ください!]

「無料点検を実施中です。」と言って、住宅などの点検を行い、その結果「大変危険です。このままでは地震が来た時、大変なことになります。」と不安をあおり、高額な商品販売や不要な工事契約を迫るなど、悪質な業者による被害が発生しています。
飛び込みセールスや電話セールスには応じず、市町村の窓口に相談して、正規の耐震診断を経た上で適切な改修を行いましょう。

 

防災サイトリンク

独立行政法人 防災科学技術研究所
地震調査研究推進本部
財団法人 日本建築防災協会
全国被災建築物応急危険度判定協議会
キッズ向けすまいのホームページ
地球キッズ探検隊
耐震ナビ

サイトマップ