ホーム » 地震災害の恐怖 » 熊本地震における建築物被害の原因分析結果について

熊本地震における建築物被害の原因分析結果について

熊本地震における建築物被害の原因分析について,国土交通省及び国立建築研究法人建築研究所の調査結果が報告されています。

被害の大きかった熊本県益城町の悉皆調査の結果などが報告されています。調査結果では,昭和56年以前の旧耐震木造住宅に大きな被害が出ていることなどが明らかとなっています。

 

国立建築法人建築研究所HP(熊本地震関係特設ページ)

http://www.kenken.go.jp/japanese/contents/topics/2016/index.html

 

防災サイトリンク

独立行政法人 防災科学技術研究所
地震調査研究推進本部
財団法人 日本建築防災協会
全国被災建築物応急危険度判定協議会
キッズ向けすまいのホームページ
地球キッズ探検隊
耐震ナビ

サイトマップ